スタッフ紹介 住宅検査

面接官の一言が入社のきっかけ

東栄ホームサービス株式会社 住宅検査部 検査二課 鎗田 祐輔

部署の垣根無しでアドバイスいただけるチーム力

前職では某ハウスメーカーで施工管理者として、家の解体から地盤改良、建築過程での品質チェックなどを業者への発注まで含めて行っていましたが、社員一人ひとりが黙々と仕事をこなしていくような会社でした。現在は東栄ホームサービスの千葉事業所に所属して住宅の定期検査を担当していますが、検査する項目は多岐にわたるため対応しなければならない問題も様々です。しかし、ここでは問題を自分一人で抱え込むということがなくなりました。普段から上司や先輩の方々に話しかけていただけることが多く、とても相談しやすい雰囲気です。同じ建築関係とはいえ住宅検査は未経験の分野でしたので知識不足を感じることもありますが、問題解決のヒントや道筋を豊富な知識と経験から与えてくれます。相談中に横で聞かれていた他部署の方が参加してこられて、専門的な見地からアドバイスしてくださることもしばしばあります。辛そうな時にはお互いに声をかけ合ったり、資料を探していただいたり。通常の検査業務ではお客様邸へは一人で伺いますが、問題が起きた時にはチームで動いていると感じます。日々明るい気持ちで過ごせており、食事も美味しくいただいています(笑)。

エントリーの決め手はワークライフバランスの良さ

元の形から別空間に変化していくのを見るのが好きで、東栄ホームサービスに入社する以前からリフォーム関係の仕事にも興味があったのですが、エントリーの決め手は、転職イベントで聞かせていただいた会社説明でした。自分が持っている知識や資格を活かし、ワークライフバランスを取りながら仕事を続けられそうだと感じました。前職では仕事は増え続け忙殺される日々でしたが、今は残業時間も自分でコントロールできています。また、リフォーム分野の将来性や東栄住宅という親会社の安定感にも後押しされました。

自分の言葉でお客様とコミュニケーション

定期検査の業務を始めてみると入社前のイメージとはかなり違うものでした。事務的に淡々と確認していくものだと思っていましたが、実際にはお客様とコミュニケーションをとりながらおすすめのサービスを紹介したり、お客様が不安に思われていることをご説明したりすることも大切な業務です。しかし、これは良い意味でギャップでした。自分で考える機会が増えたことでマニュアルではない自分の言葉で自然にお客様に話しかけられるようになりました。そのためにも、分からないことは調べるようにしています。知識や経験が増えれば、起きている事象の原因も判断できるようになり、その場でお客様に説明できます。対応できるケースが増え、こなせる点検数や内容も多くなれば、より素早くお客様の不安を解消できます。そうなれば結果として仕事量は増やさずに済むと考えています。

お子様がくれた「ありがとう」と書かれた折り紙

東栄住宅グループの良いところ

検査時にはそれぞれに悩みを持ったお客様とお会いします。住宅設備について「そもそも修理できない」「予算がかなりかかる」と思われている方もおられます。実際には現場での調整で解決できることもあり、検査と合わせて対応するととても感謝されます。お客様から「プラスアルファのサービスをしてくれた」と思っていただけるような丁寧なサポートを心がけています。また、建築やシロアリ予防などの分野は、ほとんどのお客様にとって分からないことばかりですので、できるかぎり専門用語を使わず分かりやすい言葉に置き換えるように注意しています。今では、「次の検査でもお願いしたい」と言ってくださる方や、2回目の定期検査の時に前回のことを覚えておられた方にお会いすることもあり、とても励みになります。幼稚園生くらいのお子様が、私が検査している間に折り紙で花を折り、その上に「ありがとう」と書かれたものをくれた時には感動しました。今でも大切に机の上に飾ってあります。

東栄ホームサービスへの入社を考える方へ

東栄住宅グループの良いところ

未経験者でも活躍できるよう先輩社員や上司のサポートもしっかりしています。人間関係も良好で働きやすい会社です。雰囲気が良いと感じれば飛び込んできてほしいです。

採用フォームはこちら